院長ブログ

2016年8月 7日

 今日は月に一度の特別診療日。

大阪から阪木先生に来て頂き、一緒に診療しています。

 土岐商工会議所の玉樹名誉会頭は二年前にインプラントを含めた全顎的な治療を終え、今はメンテナンスで来て頂いてます。

83歳でこの笑顔(*´∀`*)土岐市の名誉市民に選ばれた素敵な笑顔です。白い歯が素敵ですね☆

 これからもお口の中から皆様も健康をサポートしていきます!!FullSizeRender (5).jpg

2015年5月17日
入れ歯のお勉強

本日5月16日、17日は診療を休ませて頂いて東京で入れ歯のお勉強をしてきました。

予防を大切に、生涯自分の歯で過ごせるお手伝いをしたいと思っているのですが、じゃあ既に入れ歯を使っている人には?

もちろんすでに入れ歯をお使いになられている方も来院して頂いております。

その方々により快適に食生活を楽しんで頂けるように、入れ歯の勉強もしなければいけません。

大阪、名古屋での勤務医の頃は総入れ歯の方は年に2〜3人診るだけでした。

ところが、岐阜に戻ってからは毎日入れ歯を触らない日はありません。

まだまだ経験が浅い事は否めませんが、そんな事は言い訳になりません。

自分の出来る限りを尽くして、少しでもよく噛める入れ歯を作れるようにお勉強です。

今回は丸々二日間かけて、入れ歯の型取りだけを学んできました。

入れ歯を作る過程は簡単に言うと

1:型取り

2:噛み合わせ

3:試適

4:完成

という感じなんですが、最初の型取りが狂ってしまうとその後は合う訳も無く、完成した入れ歯は外れやすかったり、痛かったりしてしまうのです。

実際に総入れ歯の患者さんにお手伝いしてもらい

何回も型取りの練習をしました。

おかげで今までと型取りの概念が変わりました!

入れ歯の患者さんの『何ともない』を目指して。

明日からの診療にも活かしていきます。

2015年4月26日
今日のお勉強

こんにちは

本日4月26日、日曜日は名古屋でのお勉強でした。
講師は日本大学歯学部教授の宮崎先生
内容はダイレクトボンディング!
小さな虫歯を取った後プラスティックの樹脂で埋める治療方法です。
以前は保険治療だといわゆる銀歯を作っていたのですが、この樹脂の接着性の向上により銀歯の治療と比べて
歯を削る量が少ない
1日で終わる
白く審美的な治療ができる
という利点があり、毎日の診療でも欠かせない治療方法です
宮崎教授はこの治療法ではかなり著名な先生で世界中で講演されています。
この日もその技術を余す事なく教えて頂きとても楽しく、そして勉強になりました。
明日からすぐに自分の診療が変わる勉強会は楽しく有意義ですね
この治療は小さい虫歯に限ります
大きなむし歯になってからでは噛み合う歯の力にはプラスティックでは勝てないのです。
むし歯は予防が1番。
しかし穴が開いてしまったら、早期治療で対応すれば早く綺麗に直すことをオススメします!
4、26、1.jpg4、26.jpg

2015年4月23日
最新!歯科治療

本日4月23日木曜日、株式会社ザイタック様から依頼を受け

セラトピア土岐にて

「最新!歯科治療」

と題して講演をさせて頂きました。

最新歯科治療と言う事で、いま世界的に注目されている3Dプリンタを用いた被せものや顕微鏡を使用した治療に関してお話させて頂いたのですが、それはごく一部・・・

どんなに技術革新がすすんでも、自分の歯にかなう物は無いというお話をメインでさせて頂きました。

詳しい内容に関してはいつも私たちが医院を受診される方にお話ししている内容です。

つまり・・・

むし歯という穴が開いた原因を改善しない限りは、どんなに最新の治療を提供しても、また同じ所か別の所に穴が開いてしまうというお話です。

歯は一度穴が開いてしまえば、治りません。私たちの治療は出来る限り良い精度で長持ちするように直すだけです。

原因を改善する事の大切さ

そしてなにより

自分の口に関心を持ってほしい。自信を持ってほしい。

というお話をしました。

非常に緊張しましたが、スタッフが全員で応援に駆けつけてくれて、それがなにより嬉しく、心強かったです。

ご要望があれば、当院に来て頂いている方達にこのような機会を提供できると面白いなと感じました。

非常に楽しい時間でした。

ご来場いただいたかた、依頼いただいた株式会社ザイタック様、本当にありがとうございました。

2015年4月 5日
インプラント勉強会に参加してきました

こんにちは

本日4月5日は愛知県長久手市の原歯科医院さんで開催されたインプラントの勉強会に参加してきました。

今年も様々な勉強会、セミナーに参加しておりますが、インプラントの勉強会は久しぶりでした。

インプラントから歯磨き粉まで歯に関する事は全て、新しい事を学ぶ事は非常に楽しく有意義な時間です。

当院を選んで頂き、私の治療を希望される方の気持ちに応えるためには

少しでも良い治療、長持ちする治療を提供する

そのために好きな分野だけでなく学び続ける事が大切ですね。

まだまだ知らない事は多いですし、技術はどんどん進化してます。

これからも頑張らねば!!

IMG_0823.JPG

2015年2月22日
歯磨き粉について

こんにちは

今日2月22日は東京八重洲ホールにて、日本ヘルスケア歯科学会主催の勉強会に参加してきました。

当日は東京マラソンと重なって、東京の町はマラソン一色でした。

最近は僕もジムへ通って運動しているのですが、ランニングマシーンは30分が限界です。

マラソンとなるとハードル高いです・・・

42.195キロ走る人々、尊敬です。

 

さて今月4回目の東京。今日学ぶのは歯磨き粉について

講師はライオンで歯磨き粉の研究開発に携わってこられた中嶋先生。

現在はライオンを退職後、東京医科歯科大学の特任講師を勤められています。

歯磨き粉についてといっても、講義の内容は基本的に化学のお話。

学生以来の化学の授業といった感じで、懐かしさもあり、苦手意識もあり、頑張って勉強です。

予防後進国の日本、やはり歯磨き粉の研究の分野でも世界からかなり遅れをとっているようです。

来院される方から、歯磨き粉のおすすめを聞かれる事がよくありますが、今日の講義を聴いての結論としては

「フッ素配合の歯磨き粉を使って下さい」

という事で良いのではないかと。

自宅でのハミガキにおいて、大切なのは歯ブラシを適切に当てて汚れを落とす事、その補助としてフッ素は効果的です。

子供でも大人でもフッ素によるむし歯予防効果は確実にあります。

数ヶ月に一回歯科医院でフッ素を塗布する事も決して悪い事ではありませんが、

より効果が高いのは、頻回にお口の中にフッ素を供給する事です。

今までも何となくは理解していたのですが、今日の勉強会で過去の論文からもそのメカニズムまでしっかり学んだ事で、

より詳しく分かりやすく皆様にお伝えできるようになりました。

また明日からも日々の診療に活かしていきます

2015年2月12日
歯が無くなる事

こんにちは

昨日2月11日は東京の中野サンプラザで開催された中野予防歯科研究会に参加してきました。

早くも今月3回目の東京です。

中野予防歯科研究会は2ヶ月に1度様々な内容を主に予防の観点から学びます。

しかし、今回の内容は欠損歯列の考え方でした。今回は欠損歯列に対して、日本で第一人者の先生から学んできました。

欠損歯列とは文字通り

歯を失ってしまったお口の中の状態のことです。

1本歯が無くなるだけではお口の中全体にそこまで大きな変化はすぐには生じません。

しかし、歯科医院を初めて受診された時にすでに28本ある歯が、何本も失われてしまっている状態の方もいらっしゃいます。

歯が無い事で食事が取りにくい、話しにくい、顎の関節の不快症状など出てくるのですが、

そうした状態を出来る限り改善する事も私たちにとって非常に大きな仕事の一つです。

むし歯予防、歯周病予防はもちろん大切ですが、数本失った歯を、これ以上失わない様にストップさせる事も非常に大切です。

なぜその歯が駄目になってしまったのか

むし歯、歯周病以外にも原因はあります。

その原因を考え、これ以上その病態が進まないようにサポートしつつ、

失った歯を入れ歯やブリッジ、インプラントなどで適切に補います。

今回の勉強会で学んだ事は非常に大きく、私の欠損歯列に対する考え方を今一度考え直すきっかけを頂きました。

この学びを明日からの診療に活かして

むし歯が無い人も、すでに歯を失ってしまった人も、全ての方の笑顔に貢献出来る様にがんばります

2015年2月 5日
治療計画

こんばんは

本日2月5日はいつも学ばせて頂いている埼玉県春日部市のわたなべ歯科にて、ボストン大学補綴科(被せものを作る科)出身の先生の症例を、同じ勉強会で学ばせて頂いている埼玉県開業の先生方と一緒に聞かせて頂きました。

昨日も明日ももちろん診療がありますので日帰りなのですが、体力的な疲労が全く気にならない内容で一日が終わりました。

むし歯も歯周病も無い状態でメインテナンスとして歯科医院を利用して頂ける事が患者さんにとっても私たちにとっても理想の関係なのですが、実際はむし歯や歯周病、自分の噛む力によって壊れてしまったお口の中を立て直す事が私たちのメインの仕事になっています。

そして

自分の診断

患者さんの希望

その治療がどれだけ長持ちするか

を考え治療計画を立てるのですが、診療方針は一つでは無いのです。

選択肢をいくつも考え、最も患者さんにとって有益なものを提供する事が大切です。

今日も一つの症例を持ち寄って、集まった9人の先生方とそれぞれの考え方を発表し様々な意見を交わしました。

他の先生と常に相談しながら日々の診療をする訳にはいかないので、このような機会は非常に勉強になります。

今日学んだ事も非常に有益であり、明日からの診査、診断に早速取り入りて治療した歯が少しでも長くお口の中で機能するようにしていきます。

ブログ写真jpg

2015年1月29日
待ち時間

自分は歯医者で産まれ育ち、友人も歯科医が多いため、全く知らない歯科医院で歯科治療を受けた事がありません。

が、病院や銀行などに行った際の待ち時間は非常に長く感じてしまいます。

自分だったらどうされたいかを何においても優先している当院では、

一昨年の開業以来、当院では出来る限り待ち時間を少なくする努力をしています。

 その為にしているいくつかをご紹介します。

当院は基本的に予約制です

医科と違い、歯科医院の治療の特性上、初診時や急な痛み等がなければ予定通りに診療を進める事が多いです。

そこでしている事は治療内容毎に予約時間をある程度設定して、更にその予定時間の中には処置の時間だけではなく、説明の時間も考慮しています。

他には

当院ではスタッフがインカムをつけています。

何時予約のどんな治療内容の方が来院したのか

治療しながらでは分からない待合室の状況などをインカムを通して話しています。

こうする事で患者さんが治療室に入る前にその内容に応じた準備をしておく事もできるので、非常に重宝してます。

また受付専門のスタッフがいることでお会計をお待たせせずする事ができます。

治療が終わった後はできるだけ早く帰りたいものですもんね。

もちろん処置自体も出来る限り短時間で終われるように日々研鑽もしています。

クリーニングは別として、治療は決して気持ちよい時間では無いですしね・・・

がんばります!!

 

ここでひとつ来院される方々にお願いがあります。

先述した様に、治療毎に予約時間を設定していますが、例えば

次回予約は○日の10時からです

とお伝えした時には

10:00〜10:20

という様に20分の時間を確保しています。

もちろん次には10:20からの予約の患者さんがいらっしゃるのです。

という事はもし10分遅れられると、その方の治療、説明に使える時間は10分しか無いのです。

時間がないからといって、治療の内容に影響がでてはいけません。

その10分の為に治療後の説明が十分出来なかったり、次の予約の人にご迷惑がかかったり・・・

もちろんその中で、痛みがでてしまったりした急患の対応もしなければいけないのです。

これらの事をご理解いただき、出来る限りお約束をお守りいただけるようお願いいたします。

最後はお願いになってしまいましたが、

これからも改善を重ねて少しでも快適に歯科医院を受診して頂けるように努力していきます。

2015年1月12日
今年もよろしくお願いします

2015年が始まりましたね

ふじもと歯科は今年も関わる全ての人の笑顔に貢献する歯科医院として、歯の治療、メインテナンスによりお口の中から地域の皆様の健康をサポートする事で笑顔に貢献します。

今年もよろしくお願いします。

本当に久しぶりの更新には訳がありまして・・・

1年半前、当院がリニューアルオープンしたその日に来院頂いた患者様、先日やっと長い治療期間を終えました。

1年半です。

治療の途中では痛みが出た事もありました。

詰め物もより精度の高い物を提供したいという思いから何度か作り直しをさせて頂いた事もありました。

それでもその方はいつも当院を信じて、私たちの話に耳を傾けより良い治療のために頑張って頂きました。

長い治療期間を通じて私自身も成長させて頂き、先日の治療最終日にその方を見送る時にはとても感慨深い気持ちになりました。

治療期間は長いより短い方が良いです。

もしかしたらより早く出来る方法もあったかもしれません。

ですが、自分の信念である

「自分がされたい治療」

をしっかり提供しました。

そこには満足しつつ、これからも自己研鑽を積んで

より短期間で精密に痛みなく長持ちする治療ができるようまだまだレベルアップしていきます。

帰り際に

「ブログ見てるから更新して下さいね」

と笑顔で言われました。

これは頑張らないと!!

と言う訳で今年は出来る限りブログの更新頑張ります。

今年もよろしくお願いします

  • 1

月別アーカイブ

PageTOP

初めての方へ
Web予約
院長ブログ
スタッフブログ
ふじもと歯科、アメーバブログ

診療時間

平日

9:00~12:30 / 14:00~18:30

9:00~12:30 / 13:30~17:00

休診日

木曜・日曜・祝祭日
※祝日のある週の木曜日は診療いたします。

ご予約・ご相談

0572-57-6533

当院の地図

〒509-5202
岐阜県土岐市下石町1295-1-2