院長 : 藤本靖貴(臨床研修指導医)

略歴 ・2008年 松本歯科大学卒業
・2009年 松本歯科大学口腔外科入局
・2010年 西尾歯科クリニックへ勤務医として入局
・2013年 ふじもと歯科開院(3代目)
趣味 歯医者の仕事が大好き、読書、旅行
好きな言葉 喜ばれることに喜びを
凡事徹底

臨床研修指導医とは?
歯科医師免許取得後の臨床経験が7年以上の者で、厚生労働省の定める要件を満たした指導医講習会を受講済であることが必要となります。
詳しくはコチラをご確認ください。

院長よりご挨拶

みなさん、歯医者さんのことは好きですか?ほとんどの人が「嫌い」「あまり好きではない」と思われているのではないでしょうか。

当院の理念は、「出会った全ての人の笑顔に貢献する」です。それを実現するには、まず皆さんが「通いたくなる」歯科医院を創ることが、その理念を最初の一歩だと考えています。
もし、今まで歯医者に苦手意識を持たれているなら、ぜひ当院へお越しいただきたいと思います。そして、その辛い想いや悩みが解消されるよう全力でサポートします。

また、私はこの土岐市の皆様に「予防」の重要性を知っていただくことを目指しています。
歯は、痛くなってから治療するのでは遅いのです。歯は一度削ったら元には戻りません。できれば、歯が悪くなる前から定期検診へ通っていただき、歯をお守りしたい。もし悪くなってしまっていたら、悪くなった部分は全力で、そしてキレイに治し、その後は予防でお守りしたいと願っています。

生まれ育った土岐市で開業すること、そして地域の皆様に貢献することを、ずっと夢を見ていました。皆様の、お口の健康と人生のしあわせのサポーターとなれれば幸いです。

院長・藤本靖貴をさらに知っていただくために・・・

両親の姿に憧れ、歯科医師になりたいと思った幼少期

現在のふじもと歯科がある土岐市下石町に、祖父から続く歯科医院の次男として生まれました。姉、兄に続く末っ子の3人目と言うことで、初代院長である祖父にもとても可愛がられていたと聞きました。

私は小さい頃すごく泣き虫な子供で、私が泣いていると近くにいる姉や兄が無条件で祖父に怒られていたそうです。もちろん私の記憶には全くありませんが・・・。

父も、祖父の後を継いで歯科医師となりました。夫婦で歯科医院を経営しており、私が小学校に上がるまでは両親が仕事でとても忙しかったため、妻木町にある親戚の家で朝から晩まで面倒を見てもらっていました。

『三つ子の魂百まで』と言いますが、このおじさん、おばさんの家での生活、教育が今でも私の中で大きく残っています。今でも大好きなプロ野球も、そのおばさんの影響です。

両親は、患者さんのために本当に朝から晩まで頑張っていました。今のように予約制の歯科医院ではなかったため、早朝から夜遅くまでひっきりなしに患者さんが来院し、治療を行っていたのです。

両親と触れ合う時間は短かったのですが、夫婦で患者さんの健康のために一生懸命働いている姿は、子供心に「かっこいいなぁ」と思っていたことを覚えています。思えば、あの頃に両親を見ていた憧れから「歯医者さんになりたいなぁ」と思っていました。

野球に没頭した小学生・中学生時代

小学校に入学するとすぐ、妻木町のたばこ屋のおばあさんがやっている塾に入りました。今ではあまりないと思いますが、この塾は「たばこ屋の奥」に作られた部屋にある簡単なものでした。

この塾は当時、姉も兄も通っており、なんと学生時代の母も通っていた塾です。毎週2回、しっかり勉強していました。

たばこ屋の主でもあるこのおばあさん先生は勉強にも非常に厳しかったのですが、何よりしつけに厳しく、母親と話すときも敬語で話さないといけないなど、甘えん坊の末っ子にはとても良い社会勉強になりました。

小学校も高学年になってからは、野球をはじめました。毎日放課後、そしてほぼ全ての週末は野球につぎ込みました。今でもスポーツ観戦は大好きで、特にプロ野球、MLB観戦はとても好きです。

中学校も地元の西陵中学に入学し、勉強と野球に追われていました。野球部では補欠でしたが、あれだけの時間と体力を費やす事はこれまでの人生では他になく、小、中学合わせて7年ほどの野球の経験はかけがえの無いものになりました。

そして、今では歯科医院においてチームワークを大切にしていますが、この野球に没頭した時代に「仲間と一緒に全力で頑張ること」「仲間と一緒に良いチームを作ることの楽しさ」を学んだと思います。

これを書きながら半生を振り返っていますが、本当に全ての出来事が私の歯科医師としての想いや、人間形成に影響を及ぼし、学びを与えてくれているんだな・・・と、しみじみ思います。

遊びも受験も頑張った、高校生の頃

高校は名古屋の私立高校に通いました。岐阜の田舎から名古屋の高校への進学。はじめは戸惑いもありましたが、都会の男子校での3年間はとにかく刺激的な毎日でした。

入学式の午後にいきなり見知らぬ同級生に『今から合コン行かない?』と誘われたときは、なんだか凄い所にきてしまった・・・そう思いました。

あまり大きな声では言えませんがこの3年間は勉強よりも友達と楽しく遊んでいる時間が多かったです。しかし、この時出会った友人は今では様々な職業で活躍おり、これからもずっと交流を深めていきたいと思える友人たちです。

自責の念から、必死に勉強した大学時代

大学は長野県の歯科大学に行きました。しかし、幼い頃に夢見ていた、『両親のように多くの人に役に立てる歯医者さんになるんだ』そんな志はいつの頃からか薄れてしまっていました。

『歯医者になれば両親が喜んでくれるかな』
『歯医者になればなんとか生活できるかな』

今思うと、本当に勘違いしていたなと思いますが、この程度の想いでの入学でした。

しかし、私立大学の歯学部の学費は非常に高額です。その事を改めて知ったときには両親に対して申し訳ない気ちでいっぱいになりました。

『自分がもっと勉強していたら学費の安い国立大学に行けたかもしれなかった・・・』

そんな自責の念にかられて生活をしていました。しかし、私に心配をかけないようにと母はいつも明るく、元気に私を応援してくれていました。

父は40年以上休まず家族のため、そして患者さんの為に毎日働いてくれました。そんな両親をみて『今の自分に出来る事は留年せず、最短で国家試験に合格して立派な歯科医師になって1日でも早く両親を楽にしてあげる事だ』そう心に決めた大学時代は勉強にしっかり打ち込んだ6年間でした。

挫折を味わった、勤務医時代

晴れて歯科医師免許を取得した私は、半ば人生の目標が達成してしまったかのような気持ちで、後は普通に仕事をしていれば何とかなるだろう。そんな気持ちでした。

しかし歯科医師の仕事はそんな甘いものではありませんでした。どんな職業でもそうなのですが、知識、経験、技術の全てが必要です。資格があるだけでは実際の診療では何もできませんでした。

歯科医師、そして働いて給料を頂くという事はとても大変なことだと痛感し、社会人の厳しさを知りました。思い描いていた歯科医としての生活とのギャップに暗い日々が続いていました。

しかし、仕事とはつらい事でも歯を食いしばってでも頑張らなければいけない。仕事はつらいものなんだ、これを耐えなくてはいけない、いつかこれが自分のためになるんだ・・・そう思い込んで頑張っていました。

でもやはり私は心では『笑顔で、毎日仕事をしたい』。そう思っていました。仕事でも、どうせなら楽しく働きたい。笑顔で患者さんにもっと明るく治療をした方がいいんじゃないか。自分が楽しく仕事をしていた方が、患者さんももっと喜んでくれるのではないか・・・。

そんな事を話していたら、ある人から

『笑顔で診療?そんな事できるのは大阪の西尾先生くらいだよ』

こう言われました。それを聞いた私は実際に西尾先生の所に見学に行きました。

噂通り、西尾先生は診療中もどんな時もいつも笑顔でした。この人の元で学びたい。こんな人になりたい。その思いが強くなり、何の縁もない大阪府茨木市にある西尾歯科に飛び込み、働かせてもらう事ができました。

西尾歯科は大阪大学歯学部の臨床研修施設でもあり、歯科医師だけでも15名ほど在籍し、スタッフ総勢50名以上というかなり大型の歯科医院でした。ここで私は歯科医師として、人として本当に大きな事を学びました。

『患者さまを感動させる歯科医院』

西尾院長は常に行動の軸をここに持っていらっしゃいました。歯で困って来院した患者様に笑顔で帰って頂く事。目の前で困っている人を自分の持っている知識、技術で笑顔にする事の大切さ、そしてその喜びを教えてくださいました。

この西尾歯科での約3年の勤務の中で私は歯科医として、そして人として大きな学びを得ました。

お口の中の事で困っている人がいれば、歯科医としてどんな事でも解決して、来院した方のサポートをする。その為には知識と技術は常に生涯を通して、磨き続けなければいけない。

これは最も大切な事です。
ただ、それだけではなく一人の人間として

『人を喜ばせる事が何より自分の心が喜ぶ事』

これを身を以て感じさせてもらう事ができ、私の歯科医師として、人間としての人生の指針となりました。

祖父から続くふじもと歯科で私が最も大切にする事、それは『来院した方に笑顔で帰ってもらうこと』

これが私の何よりの喜びであり、生き甲斐であり、そして育てて頂いた両親、祖父母、地域の方々への恩返しと考えています。

ふじもと歯科は、私の代でリニューアルいたしました。先々代、先代と長きに渡り多くの患者様にご来院いただいてきました。

私は三代目として、このふじもと歯科を「人が集う場所」「多くの人を幸せにする場所」としていきたいと思っています。

歯医者に通うのは抵抗がある方も、歯は悪くないけどキレイにしたい方も、お母さんも、お子さんも学生さんも、多くの人に楽しく歯医者に通っていただき、皆様の健康を全力でサポートしていきたいと願っています。

PageTOP

初めての方へ
Web予約
院長ブログ
スタッフブログ
ふじもと歯科、アメーバブログ

診療時間

平日

9:00~12:30 / 14:00~18:30

9:00~12:30 / 13:30~17:00

休診日

木曜・日曜・祝祭日
※祝日のある週の木曜日は診療いたします。

ご予約・ご相談

0572-57-6533

当院の地図

〒509-5202
岐阜県土岐市下石町1295-1-2